入れ歯

入れ歯

良い点
  • 大がかりな手術などを受ける必要がない。
  • 大規模な歯の欠損にも対応できる。
  • 保険が適用される。
留意点
  • 固い物を噛む際に苦労したり、噛めなかったりする。
  • すぐにグラつきやすくなる。
  • あまり見た目が良くない。
  • 発音がしづらくなることがある。

入れ歯

入れ歯の種類

入れ歯の種類

入れ歯は、総入れ歯と部分入れ歯の大きく2つに分けられます。いずれも素材などによって見た目や付け心地、金額などが異なる複数の種類から選ぶことができます。自分の口に合う入れ歯について、ご予算も含めてご相談ください。

金属床(総入れ歯・部分入れ歯)

義歯床が金属で出来ている入れ歯です。

メリット
  • 入れ歯を薄くすることができる。
  • 保険適用の入れ歯に比べて違和感が少なく、しゃべりやすい。
デメリット
  • 修理が難しい。
  • 保険適用外のため高額になる。

ノンクラスプデンチャー(部分入れ歯)

部分入れ歯は、通常は金属バネが使われますが、ノンクラスプデンチャーは、金属(バネ)を使わない入れ歯です。
¥48,400〜¥121,000 (税込)

メリット
  • 見た目に部分入れ歯とわかりにくい。
デメリット
  • 保険適用外のため、高額になる。

磁性アタッチメント(部分入れ歯)

部分入れ歯は、通常は金属バネが使われます。磁性アタッチメントとは、歯の根っこに磁性金属を、義歯の中に小さな磁石を組み込んで磁石の力で義歯を固定する方法です。

メリット
  • 見た目がよくなる。
  • 付け心地が良くなり、噛む力も向上する。
デメリット
  • 磁石を埋め込むことができる歯でないと処置できない。
  • 保険適用外のため、高額になる。

オーバーデンチャー(部分入れ歯)

現存する歯や、インプラントの上に入れ歯を製作していく方法です。

メリット
  • 安定感があり、よく噛めるようになる。
  • 取り外し可能なのでブラッシングしやすい。
  • 修理がしやすい。
デメリット
  • インプラントを埋め込んでから使用する場合、インプラントの外科手術が必要。
  • インプラントと自分の歯、それぞれの手入れが必要。
  • 噛む力が大きくなるので割れたりすり減ったりしやすくなる。
  • 保険適用外のため、高額になる。
  • ホワイトニング専用サイトホワイトニング専用サイト
  • きしもと歯科口腔外科クリニックきしもと歯科口腔外科クリニック
  • オフィシャルサイトオフィシャルサイト
  • 身近でやさしい医療メディア MedicalDOC

DoctorsFileDoctorsFile